非暴力平和隊・日本

非暴力平和隊・日本【お知らせ】

非暴力による平和構築の最前線で
― 非暴力平和隊ティム事務局長を迎えて ―

 世界中に広がる暴力の袋小路を脱する方途を求めて、武器をもたない市民が紛争地に入り、非暴力による平和活動を続けています。ベルギーのブラッセルに本部事務局を置く非暴力平和隊(Nonviolent Peaceforce、NP)もその一つで、2003年以来スリランカ、フィリピンなどで活動を続けています。
 NPの創設者の一人で、平和活動家として世界的に知られるティム・ウォリス事務局長の来日を機に、下記の通り講演会を開催いたします。 「非暴力」の理想が、現実にどのように直面しているかについて、つぶさに語っていただきます。

講師

ティム・ウォリス非暴力平和隊事務局長(通訳付)

日時

2月28日 13:15〜15:00(13:00 開場)

会場

アジア太平洋資料センター(PARC) 2F会議室
東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル
都営新宿線「小川町」 丸ノ内線「淡路町」 千代田線「新御茶ノ水」
地下鉄A5出口から徒歩2分
※いずれの駅も地下でつながっています。
JR「お茶の水」聖橋口から徒歩6分

地図

http://www.parc-jp.org/guidance/guidance_04.html

参加費

800円

連絡先

非暴力平和隊・日本(NPJ)
ウェブサイト:http://np-japan.org/
TEL 080-6747−4157
メール:

講師紹介

ティム・ウォリス Tim Wallis
非暴力平和隊(NP)国際事務局長。
英国ケンブリッジに巡航ミサイル基地建設反対運動で中心的役割を果たし、その後ブラッドフォード大学にて平和学博士号取得。市民非暴力介入の草分け的国際NGO・PBI(国際平和旅団)国際事務局長、ピースニュース編集長、NATIONAL PEACE COUNCIL や Peaceworkers UK、 International Alert でデイレクターを務め、バルカン・ピース・チームなどコソボ、ヨーロッパ各地の紛争調査、平和チーム派遣、トレーニングに関わる。ヨーロッパ市民平和隊を提案し、その創設提案はEU議会において承認された。
 NP設立に関わると同時に初代共同代表になり(2002〜2007)、2008〜2009NPプログラム・デイレクター、2010年より現職。今回は立教大学「平和研究」プログラムで招聘され来日した。

△非暴力平和隊・日本【お知らせ】/TOPへもどる